スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土佐の料理伝承人の交流会

 竜馬さんの生誕地のすぐ近くにある老舗旅館「城西館」で、土佐の料理伝承人の交流会があり、しゃえんじりも「猪汁」50杯分を持って出かけていきました。そもそもこの「土佐の料理伝承人」と言うのは、高知県が、県内各地の地元料理を伝承していこうと、その伝承しているグループや個人を選定したもので、それぞれのグループは、それぞれの地域でも伝承人の役割を果たしている。

そして年に1回、県下の伝承人が一堂に会して、交流や情報交換を行う集いがこれ。40グループが参加してました。交流会 何でも、伝承人だけの交流会ではもったいないと言うことなのか、広く呼びかけて、チケット購入をした市民も多数参加。とても人気で、そのチケットもすぐに完売したとかで、やっとキャンセル待ちで、参加できた!と言う方もおいでた。

確かに、県内の海から山から、畑から川から、いろんな食材の郷土料理が、いっぺんに食べることが出来る!。これはおいしい企画ですね。

平塚岩本 しゃえんじりが持って行ったのは「猪汁」。鍋ひとつをテーブルにおいただけのいたって地味なブースで、準備と言っても、コンロにスイッチを入れるくらいのこと、城西館の豪華な会場で、披露宴にでも御呼ばれになった気分で、記念の1枚。

猪汁は、好評でした!。(手前味噌ですが・・・)3回もお替りにに来てくれる方もおいでて・・・。猪肉は臭みもなく、軟らかく、手作り味噌と相性も良く、大根・ごぼうにおだしがしみて・・・・

準備は鍋を暖めるだけでしたが、いざ食事が始まると、よそうのに追われて、やっと食事をしようと、各グループのブースをめぐったときには、お目当てのものは空っぽと言う状態で、ちょっと残念!でも豊かな1日でした。

 

 

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

農家レストランしゃえんじり

Author:農家レストランしゃえんじり
 四万十川の川べに住むおばちゃんたちがはじめた小さな食堂。
住民歴●●年。料理歴○○年。大声で元気なおしゃべり歴●●年。
そんなおばちゃん目線を代表して、メンバーでイチバン若い?私が担当します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。