スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は鹿肉料理の研究

 高知県の鳥獣対策課の委託を受けて、鹿肉料理のレシピ作りをやっていますが、今日はその試食研究の日。
 定休日を利用してメンバー全員集合。

ボールの中

ボールの中身は、ハンバーグになります。

フライパンの中 

ミンチにした鹿肉を炒めて、これはおやきの具材作り。

土鍋の中 

土鍋の中では、旬の白菜と鹿肉のつくねが良い湯気をあげていて・・・

鹿料理 

3時間後には7種類の鹿尽くしの料理が出来上がり。

試食 

早速 昼食試食会。自己満足?でも本当においしく出来ました!

鹿肉がこんなにおいしいとは!!

 農作物への被害が深刻な中で、何とかこの鹿を活用したい。冷凍食品?とか真空包装などで、加工品として商品化できるんじゃないかと思っているくらい。

ホント、まじめに商品化を考えよう。

 後片づけが終わると、Kちゃんは、鹿に食べつくされた「なばな」畑に、抜き菜を定植するのだと言って、「脱鹿」のごとく帰って行きました。

 

スポンサーサイト

師走になりました。おせち料理はいかが?

おせち

「冷ようなったねえ。」・・・が挨拶言葉になりました。

今年最後の仕事が「おせち料理」の予約受付。

この地域には「おせち文化」はなくて、おせちを作るにもやっぱり「皿鉢料理」になります。いつもの皿鉢料理に、お正月の定番物を入れて、「おせち皿鉢」にしています。

 ですから、寿司(魚の姿寿司・昆布寿司・卵・のり巻)をメインに、かずのこや黒豆、たたきゴボウや田作りなどを盛り合わせます。しゃえんじりらしい「筍寿司」ももちろん入れています。

あれもこれもと、ついついいっぱい入れ過ぎて、ちょっとお行儀が悪いほど・・・。

これで7,000円。 また個別に寿司や黒豆などもお分けしています。

 この一皿鉢と、お雑煮さえあれば、元旦はOKというわけです。

いかがですか? 但し、しゃえんじりまで取りに来てくれる方に限ります。

12月25日まで、予約受付。31日の午後にはお渡しできます。

プロフィール

農家レストランしゃえんじり

Author:農家レストランしゃえんじり
 四万十川の川べに住むおばちゃんたちがはじめた小さな食堂。
住民歴●●年。料理歴○○年。大声で元気なおしゃべり歴●●年。
そんなおばちゃん目線を代表して、メンバーでイチバン若い?私が担当します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。